直前のページに戻る

HOME > 科学ボランティアセンターについて > 活動の記録 > 詳細

科学ボランティアセンター 活動の記録

種別 :  イベント担当 情報更新日 : 2021.12.01
サイエンス&アート・シアター「ビリリンがやってきた!」
場所 :  倉敷市立玉島図書館
参加者数 : 小学生(3人)  一般(1人) 
スタッフ人数 :  本学学生(2人)  本学教職員(1人)  他大学生(1人)  その他(1人) 
内容 :  静電気を使った実験・・・・<ビリリン>フリップで実施(「楽知ん研究所」発行) 
 まず「エレキテル」と、<塩ビパイプ+毛皮>を使って、「百人おどし」の 
 実験を行った。続いて、その実験で使った「ライデンびん」と同じく、人間 にも静電気をためることができるか、さらに、静電気を起こす側も、発泡スチ 
ロールのブロックの上にのって、静電気を起こし、それをもう一人に伝えて、
両者の頭にのせている「ヒラヒラ君」(発泡スチロール球に、雁皮をさいて、
はりつけて、静電気がたまると開くようになる)が開くかどうかを実験。こう  
すると両者の頭に乗せた「ヒラヒラ君」は開く。さらに、両者が手のひらを開  
いて近づけて、その間に、アルミホイルをまるめて、糸でつるしたものをたら  
すと、その「ボール」が、両者の手の平の間を往復する現象を見てもらった。
 それは、片方の手の平の静電気によってボールがひきつけられて、さらに、 
そこで、同じ電気をもらったことで、反発し、反対側に動いて反対側の手の平
 にぶつかり、そこでまた同じ電気をもらうことで反発して、反対側に動く、そ  
 れを繰り返すというものである。
  この原理を用いた「静電気ベル」、また紙を小さなカエルの形に切ったも  
 のを2枚の金属の板の間で上下させる、などの実験をみてもらった。さらに
 荷作りのテープを割いて、片方をくくり、「くらげ」のような形にしたものを、ティッシュでこすり、同じく塩ビパイプもティッシュでこすり、それぞれ帯電させることで、その「くらげ」を浮かせる「静電気くらげ」のもの作りと実験を行った。

なお、もの作りとして、「圧電素子」を使って、アルミホイルを厚紙の台紙に貼り付けて「切り絵」を作り、そのわずかなすきまに放電させる「人口カミナリ」のおもちゃを作った。
主催者側からのコメント :  「人工カミナリ」のおもちゃは、圧電素子を使ったもので、静電気を
使ったもの作りではないが、雷も電気の放電によっておこることをイメージさせてくれるもの作りであることから、実施した。

直前のページに戻る

PAGE TOP