直前のページに戻る

HOME > 教育GP事業について

教育GP事業について

取組名称: 「理科大学発!科学ボランティアリーダー
―― 地域連携活動による学士力獲得と地域の科学リテラシー向上への貢献」
申請区分: 教育方法の工夫改善を主とする取組
取組期間: 平成 20 年度 〜 22 年度
取組学部等: 全学

教育GP事業は平成22年度で終了しましたが、その後も大学独自の事業として継続しています。

科学教育の"市民コーチ"を養成

学長 波田 善夫 多くの大学において、入学後の学生の学習意欲の発揚と維持は重要な課題と捉えられています。一方、卒業時には、いわゆる学士力の保証も求められています。ひるがえって社会に目を向けると、依然として児童生徒の理工系離れが深刻であるとともに、市民の科学技術リテラシー不足による社会の科学技術力の低下が危惧されています。

 例えばスポーツの分野では、経験者の一般市民がコーチなどのボランティアとして、スポーツ振興を草の根レベルで支えています。科学教育の分野でも同じことが可能ではないでしょうか。本取組みでは、大学の専門教育のポテンシャルを地域の教育機関・施設や市民団体などの社会教育活動と密接に連携させて、学生が地域で科学教室等を実施する"科学ボランティア活動"を推進することで、科学教育の分野でコーチ役を果たせる人材を育成します。この中で学生には実践的な学士力が身に付きます。例えば子ども達に実験の原理をわかりやすく説明する中で専門知識を深められますし、周辺分野の科学リテラシーも向上するでしょう。また、コミュニケーション能力や問題解決力などの社会人基礎力の獲得も期待できます。この様な取組みを通して、"学生も育ち地域も活性化する科学技術振興"が可能であると考えます。

 私たち岡山理科大学は、高度な研究力と専門教育課程だけでなく、理系教員や博物館学芸員の養成にも高い実績を誇るとともに、地域社会の科学技術振興にも積極的に取組んできました。理科系の総合大学としての本学が、全国の大学に先駆けて日本の科学技術の振興を草の根レベルで支える「科学ボランティアリーダー」を本格的に養成して、将来それが全国の大学に波及することを期待しています。

事業の概要と目的

 本取組みでは、科学・工作教室で主体的に活動し、児童生徒および市民の科学技術リテラシー向上に積極的に貢献する人材=「科学ボランティアリーダー」を養成します。その活動を通して、学生に「学士力」(専門知識・コミュニケーション力・問題解決力・社会貢献意欲など)を能動的に獲得させます。
これらの目的を達成するため、本取組みでは以下の様なフレームワークを構築していきます。

  1. 地域の教育機関や社会教育施設(科学館・児童館・公民館等)、市民団体等との多様な連携により、学生が参画できる科学イベントなどの「地域の学びの場」を多数創出します。
  2. 科学イベントへの参加などの課外活動を正課教育と統合し、体験活動を含むプロジェクト型学習中心のカリキュラムを初年次から用意し、手厚い指導で学生の力を引き出します。
  3. 本学独自の「科学ボランティアリーダー認定制度」を設け、明確な審査基準により資格認定を行うことで学習成果の質を保証します。
  4. 本取組みを推進する中核的組織として「科学ボランティアセンター」を新設し、学長のリーダーシップのもと、全学の教職員が一致協力して学生の取組みを支援する体制を構築します。
  5. 学内の「運営委員会」および外部委員を中心とした「評価委員会」を設置し、随時進行状況を監督して取組みの改善をはかります。

直前のページに戻る

PAGE TOP