直前のページに戻る

HOME > 科学ボランティアセンターについて > 科学ボランティアセンター教育目標等

科学ボランティアセンター教育目標等

注: この教育目標等は科学ボランティアリーダー養成カリキュラムの教育目標等を兼ねる。

教育目標

 持続可能で豊かな社会を築く上で、児童生徒および市民の科学・技術リテラシーの向上は今後益々重要となる。一方、本学は、学生の多様化に即して、建学の理念「ひとりひとりの若人が持つ能力を最大限に引き出し、技術者として、社会人として、社会に貢献できる人材を養成する」に基づく教育をより充実させることが求められている。科学ボランティアセンターは、これらの課題について統合的に取り組むために、地域で科学・工作教室を主宰することなどで児童生徒および市民の科学・技術リテラシーの向上に積極的に貢献できる人材=「科学ボランティアリーダー」を養成する。これにより、学生の専門知識、コミュニケーション力、課題解決力、社会貢献意欲などの学士力を能動的に獲得させると共に、科学・技術教育の振興を通じて地域に貢献することを目指す。
 科学ボランティアリーダーは以下のような職業人として活躍することを想定している。

  • ア) 科学・技術を支え発展させる研究者・技術者など
  • イ) 学校教育を支え発展させる小中高教員など
  • ウ) 社会教育施設(科学館、児童館、公民館など)を支え発展させる博物館学芸員など
  • エ) 海外での科学教育の振興に携わる青年海外協力隊員など

ディプロマポリシー

  • 科学ボランティア活動の意義と楽しさを理解し、卒業後も地域で科学ボランティアリーダーとして活躍する意欲をもつ。(科学ボランティア活動への意欲)
  • 科学ボランティア活動を自ら展開する能力(教材選定・開発力、科学イベントの企画・実行力など)を身につける。(科学ボランティア活動をする能力)
  • 非専門分野も含む科学・技術全般に関する関心をもち、科学ボランティアリーダーとして求められる科学・技術リテラシーを身につける。(科学・技術リテラシー)
  • 地域コミュニティーの一員としての意識をもち、その発展のために積極的に関与できる。(地域貢献意識)
  • 社会人として必要な基本的な能力(問題解決力、コミュニケーション力、チームワークとリーダーシップ、創造的思考力など)を身につける。(社会人基礎力)

カリキュラムポリシー

 「科学・工作ボランティア入門」で学生を科学ボランティア活動に誘い、「科学ボランティア実践指導I・II」で地域における実践を通じて学生を育てる。選択科目を3単位以上取得することにより、科学ボランティアリーダーとしての能力を向上させる。「科学ボランティア活動」では地域における24時間の科学ボランティア活動を課し、実践力と地域コミュニティーの一員としての意識を高めるとともに、最終試験(=成果発表会)でこれまでの成果を発表させ、科学ボランティアリーダーとして認定できるか総合的に判定する。卒業要件の充足により、科学ボランティアリーダーとして必要な専門知識をはじめとした学士力が保障される。

カリキュラムチェックリスト

科目 単位
必修・選択
等の別
学年

学期
ディプロマポリシーに対する関与の程度
◎非常に強く関与 ○強く関与 △ある程度関与
A B C D E
科学・工作ボランティア入門 2 必修 1・前期
科学ボランティア実践指導I 1 必修 1・後期
科学ボランティア実践指導II 1 必修 2・前期
2・後期
科学ボランティア活動 1 必修 2・後期
福祉環境論 2 選択 1・前期
1・後期
     
プレゼンテーションI 2 選択 1・前期
1・後期
     
現代人の科学I 1 選択 1・後期        
現代人の科学II 1 選択 1・後期        
ボランティア論 2 選択 1・後期      
プレゼンテーションII 2 選択 2・前期
2・後期
     
博物館法施行規則に定める
『博物館学』に該当する
本学の開講科目
(博物館実習I・IIなど)
3 選択 3・前期
3・後期
4・前期
4・後期
   
理科教育法IV 2 選択 3・後期    
教育実習II 3 選択 4・前期    
ボランティア活動I 1 選択 認定科目      
ボランティア活動II 1 選択 認定科目      
卒業要件の充足   必修        

カリキュラムツリー(PDFファイル、40KB)

直前のページに戻る