直前のページに戻る

HOME > 科学ボランティアセンターについて > 科学ボランティアセンター教育目標等

科学ボランティアセンター教育目標等

センターの目的

 科学ボランティアセンターは、科学ボランティアリーダーの養成と、科学技術教育の振興を通じた地域貢献を行うことを目的とする。

教育目標

 持続可能で豊かな社会を築く上で、児童生徒および市民の科学・技術リテラシーの向上は今後益々重要となる。一方、本学は、学生の多様化に即して、建学の理念「ひとりひとりの若人がもつ能力を最大限に引き出し、技術者として、社会人として、社会に貢献できる人材を養成する」に基づく教育をより充実させることが求められている。科学ボランティアセンターは、これらの課題について統合的に取り組むために、卒業後も地域で科学・工作教室を主宰することなどで児童生徒および市民の科学・技術リテラシーの向上に積極的に貢献できる人材=「科学ボランティアリーダー」を養成する。人材養成の質を保証するため、所定の単位を修得した学生に対して本学独自の「科学ボランティアリーダー資格」の認定を行う。また、科学ボランティア活動を通じた国際交流を推進する。これらのことにより、学生の専門知識、コミュニケーション力、課題解決力、社会貢献意欲などの学士力を獲得させることを目指す。

単位認定方針

  • 科学ボランティア活動の意義と楽しさを理解し、卒業後も地域で科学ボランティアリーダーとして活躍する意欲をもつ。(科学ボランティア活動への意欲)
  • 科学ボランティア活動を自ら展開する能力(教材選定・開発力、科学イベントの企画・実行力など)を身につけている。(科学ボランティア活動をする能力)
  • 非専門分野も含む科学・技術全般に関する関心をもち、科学ボランティアリーダーとして求められる科学・技術リテラシーを身につけている。(科学・技術リテラシー)
  • 社会(特に地域コミュニティー)の一員としての意識をもち、その発展のために積極的に関与できる。(社会貢献意識)
  • 社会人として必要な基本的な能力(問題解決力、コミュニケーション力、チームワークとリーダーシップ、創造的思考力など)を身につけている。(社会人基礎力)

教育課程編成・実施の方針

 当センター開講科目は「科学・工作ボランティア入門」、「科学ボランティア実践指導T・U」、「科学ボランティア活動」の計4科目であり、いずれも科学ボランティアリーダー資格認定のための必修科目である。「科学・工作ボランティア入門」では科学ボランティア活動への意欲を高めつつ、地域で科学ボランティア活動を実践するための最低限のスキルを身につける。「科学ボランティア実践指導T・U」では、地域における実践を通じて、科学ボランティア活動を自ら展開する能力を身につける。選択科目を3単位以上取得することにより、科学・技術リテラシー等を高める。「科学ボランティア活動」では地域における 24 時間の科学ボランティア活動を課し、実践力と社会貢献意識を高めるとともに、最終試験(=成果発表会)でこれまでの成果を発表させ、科学ボランティアリーダーとして認定できるか総合的に判定する。これらの科目については、基本的に「科学技術教育科目」として開講するが、教育学部初等教育学科については専門科目として開講する。
 教育にあたっては、正課科目の中にプロジェクト型学習、地域と連携した学外活動の要素を組み込み、学生の能動的な学修を促す。また、正課の活動が正課外活動に発展することを推奨し、正課外活動の中で多様な技能や人間力がさらに高まるように支援する。
 なお、これらの科目については、科目ごとに設けた発表会での評価、受講者数、科学イベントに参加した学生数などを総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。

受講者受入れの方針

 当センターの開講科目は、獣医学部を除く全ての学科に対して開講されており、特定の知識・技能の習得を前提としない。ただし、全ての科目がプロジェクト型学習の要素を持っているので、科目ごとに定めた人数を越えて受講生を受け入れることはできない。なお、学科ごとの専門性の違いなどにより、受講生の知識・技能には大きな差異があるので、異なる専門の学生が互いに教えあう中で受講生全体の能力が向上するように仕向ける。

直前のページに戻る