直前のページに戻る

HOME > 科学ボランティアセンターについて > カリキュラム・認定制度

カリキュラム・認定制度

科学ボランティアリーダー資格認定制度

 下記の科学ボランティアリーダー養成カリキュラムの講義群の中から、必修科目5単位、選択科目3単位以上、計8単位以上を履修すれば、「科学ボランティアリーダー」に認定します。認定された学生は、卒業後も技術者・教員等として働きながら地域で科学ボランティア活動を積極的に推進することが期待されています。

科学ボランティアリーダー養成カリキュラム

◆必修科目(計5単位) ◆選択科目(3単位以上)
科目名 単位
開講
年次
開講
学期
科学・工作ボランティア入門 2 1年 春学期
科学ボランティア実践指導I 1 1年 秋学期
科学ボランティア実践指導II 1 2年 春学期
秋学期
科学ボランティア活動 1 2年
3年
秋学期
春学期
選択科目 単位
現代人の科学A〜F 各1
身近な物理学I・II 各1
身近な化学I・II 各1
身近な生物学I・II 各1
身近な地学I・II 各1
ボランティア論A・B 各1
ボランティア活動A・B 各1
博物館実習I・II
野外博物館実習I〜X
3
教育実習II 3
注:教育学部および2015年度以前入学生については選択科目が上記の表と一部異なります。

科学ボランティアセンターの教育目標等

必修科目の内容

◆科学・工作ボランティア入門
科学ボランティア活動の意義を理解するとともに、活動に必要な最低限の知識・スキルを修得します。教員等による講習を行った後、グループごとに実験・工作を選び、それを学園内公開の発表会で実演します。
科学・工作ボランティア入門
◆科学ボランティア実践指導I・II
チームを組んで地域で科学ボランティア活動(Tは科 学イベントでブース出展、Uは科学教室で講師を務める) を2時間以上実施します。そのための教材開発を含め、 教員が手厚く事前・事後指導を行います。
科学ボランティア実践指導I・II
◆科学ボランティア活動
地域で24時間以上の科学ボランティア活動(講師経験を含む)を行います。また、成果発表会でこれまで活動の成果を発表してもらい、リーダーとしての能力が獲得されていることを総合的に判定します。
※この成果発表会は科学ボランティアリーダー資格認定のための最終試験を兼ねます。
科学ボランティア活動

授業の詳細はウェブシラバスでご確認ください。

直前のページに戻る